流産の兆候を知って早期対策

腹痛や出血があったりすると、クローズアップされてくるのが「流産」。
すぐに最悪の状況に結びつけることはよくありませんが、軽く見過ごさないことも大切です。

 

流産の兆候

流産とは、妊娠22週未満になんらかの理由で赤ちゃんが育たないものや、
育っていても外に出てしまうものをいい、妊娠全体の10%に見られます。

 

では、流産の兆候は・・・というと、妊娠の週数や人によっても違いますが、出血や下腹痛が主です。
出血の量は、おりものに色がついた程度の少量の出血から、生理異常の出血までさまざま。
下腹痛もまったくないという人から、にぶい痛みや張った感じ、陣痛のような周期的な痛みを覚える人までいます。

 

このように、流産の兆候には個人差があるので、たとえ少量の出血でも見過ごさないことです。
そして、出血や下腹痛があれば、まず安静にして医師に連絡し、必ず受診するようにしましょう。

 

 

流産の種類

  • 切迫流産:流産の兆候はありますが、まだ胎児は子宮内で生存しています。
  • 進行流産:胎盤がはがれたり、子宮口が開いたりして出血し、止められないもの。
  • 完全流産:赤ちゃんと胎盤がすべて外に出たもの。
  • 不全流産:一部が子宮内に残っているもの
  • 稽留(けいりゅう)流産:死亡した胎児が子宮内に留まっているもの
対象商品購入でヒトプラセンタジェル無料プレゼント 300 x 250